スタジオモニター よくあるご質問

共通の電源スイッチを使用して、すべてのスピーカーの電源を同時に入れない理由はありません。スタジオ環境では、これが一般的に行われています。スピーカーにダメージを与えることはありません。

しかし、突入電流がサーキットブレーカーを作動させたり、電源スイッチに使用されているリレーの最大電流を超えたりしないようにすることが重要です。

この一群でそれらのオンとオフを切り替えることができるようにするために、スピーカーは次のとおりです:

  • 突入電流制限機能付きで、突入電流のピークを制限内に収めることができます
  • 信号経路内の他のオーディオ機器が同時にオンになってもクリック音が出ないように、スイッチオンミュート機能を搭載
  • 他の機器から発生するスイッチオフクリックを効果的に抑制するために、音声信号を素早くミュートするスイッチオフミュート機能を搭載

その他のFAQの回答は、以下のPDFファイルからダウンロードできます(英語のみ):

5-stars-go-to-Neumann-on-this-one

5-stars-go-to-Neumann-on-this-one

AES-Award

AES-Award

cdes0032_Logo_Black_Bleeded

cdes0032_Logo_Black_Bleeded

MA 1 - Automatic Monitor Alignment Setup 1.0.0.26

MA 1 - Automatic Monitor Alignment Setup 1.0.0.26

FQ_U67_C

U 67 Frequency Diagram, cardioid

すべてダウンロード